商品検索

商品カテゴリー

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カートを見る

レビュー投稿キャンペーン

美味しいコーヒーの淹れ方 ペーパードリップ編 ネルドリップ編 アイスコーヒー編 サイフォン編

店長のおすすめ商品

  • FAX注文用紙ダウンロード
  • Instagram
  • 友だち追加
  • 三喜屋珈琲 公式サイト
  • 高島屋オンラインストア

お年賀豆知識

日頃お世話になった方々へ、新年のご挨拶に添えて送るお年賀。贈る側の想い「想いを正しく伝えるための知識について特集しました。

お年賀の起源と由来

お正月には古くから新しい年の神様(年神様)をお迎えして祀る習慣があり、お正月の年始挨拶に訪問する際には「御歳魂(御年玉)」と称して、年神様を祀る神棚や仏壇へのお供え物を互いに持参した習わしが起源とされています。 それがいつしか手土産を持参するという形に変わり、子供達へは「御年玉」、家人へは「御年賀」と表書きして贈られるようになったようです。

贈るタイミングについて

正式には正月三が日(1月1日~3日)の間に行う年始挨拶の手土産として直接持参するのが礼儀ですが、三が日の間に都合が付かない場合であっても、松の内※1(一般的には1月1日~6日。7日・10日・15日までなどとする地方もある)までの間に訪問するのが習わしとなっています。
※1 松の内:地方によって異なりますが一般的には1月1日~6日

贈るタイミングをのがしたら?

立春※2までに「寒中御見舞い」として贈ります。。
※2 立春:2月4日又は5日

喪中の時はどうする?

当方又は先方のいずれか(又は双方)が喪中に当る場合は、事前にお断わりを入れて先方の了解を得た上で、松の内を外して「寒中」に訪問するのがマナーとされていますが、この場合の表書きはお年賀としないで「寒中見舞い」とします。また、先方に事情を説明して年始挨拶を欠礼させていただいても特に失礼とはなりません。 尚、キリスト教では、喪中という考えは存在しませんので特に問題はありません。

正しい贈り方について

お年賀は年始挨拶の際に直接持参する手土産の表書きに用いられるものであることから、訪問する都合が付かない場合であってもデパートなどから直送したり宅配便を利用して贈ることはタブーとされています。

使用する「のし紙」は?

お年賀の贈り物に掛ける「のし紙」は、紅白(赤と金色で印刷されている)の5本(又は7本)花結び(蝶結び)に熨斗が付いたデザイン(通称=花結び祝い=一般お祝い用)のものを用います。表書きは濃い色の墨を用いて楷書体で書くのが基本ですが、献辞(上書き)は水引中央結び目の上に「御年賀」と書き、名前書きは水引中央結び目の下に献辞よりやや小さめにして「フルネーム」で書き入れます。。

品物えらびについて

贈り物は自らの心が相手に伝わり喜んで貰ってこそ本来の意味合いがあります。高価なものであっても酒が飲めない人に酒類を贈っても喜んで貰えません。自分好みの「あげたいもの」を贈るのではなく、相手の好み・家族構成・年齢・人数・季節などを十分考慮して、相手に「喜んでいただけるもの」を先様ごとに選ぶことを心がけましょう。

贈ってはいけない品物は何?

特に目上の方に、靴下や下着など身に付けるものを贈るのは、「あなたはみすぼらしい格好をしている」と受け取られるため、妥当ではありません。また、はさみや刃物は「あなたとの縁を切る」という意味に、現金や金券を送るのは「あなたはお金に困っている」という意味にも取れる事から送るべき品物ではないと言えます。絶対に止めましょう。

贈るものの値段は?

贈る対象のそれぞれの方々にいくらくらいのものを贈るかについては、日頃お世話になっている度合いによって掛ける費用に差を付けるのが一般的です。ご参考までに、身内の方、友人・知人にはおよそ3000円、上司や恩師など目上の方には3000~5000円が目安のようです。

お年賀のお礼について

本来は日頃大変お世話になっている方々に贈るものであるので お返しは不要と考えられますが、お年賀は直接訪問する際の手土産ですので わざわざお運びいただいたことへの返礼としてお返しを用意します。表書きは「松の葉」「御礼」など。


目上の方への礼状の書き方 8つのポイント

  • ・文頭は季節の挨拶から
  • ・書き出しは行を変え一文字下げる
  • ・相手の安否を気遣う
  • ・日頃お世話になっていることへのお礼
  • ・贈ってもらったことへのお礼
  • ・相手の家族に対する心遣い
  • ・相手の健康を祈る言葉を
  • ・最後に結びの言葉を
ページトップへ