商品検索

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カートを見る

商品カテゴリー

お歳暮豆知識

美味しいコーヒーの淹れ方 ペーパードリップ編 ネルドリップ編 アイスコーヒー編 サイフォン編

店長のおすすめ商品

ショッピングカート

  • FAX注文用紙ダウンロード
  • Instagram
  • 友だち追加
  • 三喜屋珈琲 公式サイト
  • 高島屋オンラインストア

お中元豆知識

お中元特集。

お中元の起源と由来

元々は三元(上元=1/15、中元=7/15、下元=10/15)の中の「中元」が元になっています。中国で中元の日に催す「祖先を供養する盂蘭盆会(うらぼんえ)」が日本へ伝わりお盆の行事となり、祖先への御供え物と共にお世話になった方へ贈り物をする風習へとなりました。

贈るタイミングについて

地域により異なりますが、東日本では7月初め~7月15日頃まで、西日本では7月初~8月15日頃まで贈るのが一般的となっています。先方の住んでいる地域に合わせて贈ると失礼がありません。どの期間に贈ればよいのか悩む場合は、東日本と西日本で共通の期間となる「7月初め~7月15日」に贈るのも解決策の一つです。

贈るタイミングをのがしたら?

立秋の頃までは「暑中御見舞」、立秋の後は「残暑御見舞」として贈ります。
※1 立秋:8月7日

喪中の時はどうする?

お中元は、感謝の気持ちを表す風習で慶事には当たらないため、喪中の相手に贈ることは失礼にはなりません。気になる場合は、先方へ連絡を入れた上で、時期をずらし「暑中御見舞」や「残暑御見舞」として贈ります。尚、キリスト教では、喪中という考えは存在しませんので特に問題はありません。

正しい贈り方について

直接持参するのが本来の贈り方ですが、先方が遠方で訪問が難しい場合なども含め、昨今では宅配便を利用するのが一般的となっています。贈る際にはお中元の品に挨拶状を添えるか、届く頃を見計らって挨拶状を送るなど、日頃お世話になっていることへの感謝の気持ちを伝えると失礼がありません。

使用する「のし紙」は?

お中元の贈り物に掛ける「のし紙」は、紅白(赤と金色で印刷されている)の5本(又は7本)花結び(蝶結び)に熨斗が付いたデザイン(通称=花結び祝い=一般お祝い用)のものを用います。表書きは濃い色の墨を用いて楷書体で書くのが基本ですが、献辞(上書き)は水引中央結び目の上に「御中元」と書き、名前書きは水引中央結び目の下に献辞よりやや小さめにして「フルネーム」で書き入れます。直接持参する場合は表書きが見える「外のし」宅配便等で送る場合はのし紙が痛まない「内のし」が適しています。

品物えらびについて

相手の好みや苦手な物、家族構成などを考慮し、相手に喜ばれる品物を選びましょう。 夏の季節にふさわしい涼感が感じられるゼリーなどのデザートやフルーツ、アイスコーヒーやジュースも人気です。季節的に日持ちのする品物を選ぶのもポイントの一つです。

贈るものの値段は?

贈る対象のそれぞれの方々にいくらくらいのものを贈るかについては、日頃お世話になっている度合いによって掛ける費用に差を付けるのが一般的です。(費用の目安は、身内の方、友人・知人にはおよそ3000円、上司や恩師など目上の方には3000~5000円

お中元のお礼について

お中元は、本来はお世話になっている方々へ贈る風習ですので、基本的にお返しを必要としません。しかし、届いた後に出来るだけ速やかに電話か手紙で お礼の心を伝えるのが礼儀です。同僚・友人などの間柄でお返しをしたいと考える場合には、返礼として同額程度の「御礼」の品か「お中元」を贈っても特に問題はありません。

お中元の礼状

お中元が届いたら、出来るだけ早く先方に連絡を入れお礼を述べましょう。電話でお礼を済ませることも多くなって来ましたが、きちんと礼状を出すのがマナーです。礼状には、相手の心づかいに対する感謝の気持ちと、品物が無事に届いたことも併せて伝えましょう。

ページトップへ